お家のセルフチェック

まず家の状態を良く見ましょう(セルフチェック)

建物は日々雨や紫外線などで汚され傷つけられています。建物も人と同じく定期的な検診が必要で、問題が見つかれば早めのケアが必要になってきます。まずは建物をご自分の目や手で確認してみましょう。

放っておくと

塗膜は毎日、雨や紫外線などから建物をまもっています。その塗膜が傷んでくると建物も傷つきます。手遅れになると塗装費の他に建物の修繕費がかさむだけでなく、建物の寿命にも影響を与えてしまいます。

  1. 壁を手で触ってみてください。白い粉が手につくと太陽の紫外線等により、塗料の劣化がはじまっています。塗料の機能が失われると、剥がれや駆体への影響に繋がってしまいます。
  2. サビは水と酸素が鉄部に触れることにより発生します。小さいサビが次第に広がるため、早めの処置が肝要です。
  3. 壁にひび割れがある場合、その理由により処置の仕方が違ってきます。雨水などが浸水してしまうと冬場などは凍結することもあるため、一層ひどくなる事もあります。
  4. 目地のある壁(サイディング)はシーリングの劣化状況が重要です。表面のヒビ・切れがすすんだら交換時期とみましょう。雨がサイディングの裏に入ると断熱材等を腐らせたりすることがありますので、サッシ廻りなどを含め、一度じっくり見直しましょう。
  5. 基礎部の欠陥箇所は放置されがちです。家のヒビと同様、家本体を長持ちさせるには重要な箇所です。
  6. 「雪が落ちにくくなった」「屋根の色が当初に比べるとくすんできた」「雪のせいで一部がはがれてきた」、そんな事に気がついたら塗替え時期かもしれません。サビが発生し始めるとさらに必要と思われます。

塗料は半製品です

塗料は半製品であり、良い塗料と良い施工者が協力しあってこそ、良い塗装工事が完成します。私たちはその良い施工者となるために、自信と自覚を持ってお客様に対応してまいります。

よい塗料業者の条件

塗料や施工について説明をきっちり行う。
見積等価格の設定が明瞭である。
清掃など細かい点がしっかりしている。