ブログ

Home Doctor Mikami story 03

Y様邸の浴室塗装工事のお話をします。 今回の案件は、浴槽と洗い場のカウンタースペースの塗り替えを行いました。 清掃時に、カビ取り用の洗剤を使用した際、水で洗い流すのを忘れてしまったことで、写真のように変色してしまい、塗り替えを希望されました。 (タカラ製の豪華なステンレス浴槽にも変色があり、一緒に塗り替えすることに・・・) ここからは、浴室塗装の工程に沿って、説明していきます。 1、古い塗装をはがす作業 写真のように、機械を使って、古い塗膜を削りとっていきます。 2、養生作業 ※養生とは、周りを汚さないためと傷をつけないために、テープやビニールで保護をする作業です。 今回の塗装は、吹きつけをするため、周りに塗料が飛び散らないように厳重にビニールで囲い、匂いがこもらないように、窓から換気用のパイプを出して、排気を行いながらの作業でした。 3、下地補修作業 細かい傷などがある場合に、パテや補修剤を使って傷を埋める作業です。 (今回の物件は、とても状態が良かったため、補修作業は行っていません。) 4、設備機器の撤去作業 浴槽まわりの コーキング、蛇口、シャワー栓などを、いったん取り外して、塗料がつかないようにします。 (この作業により、隙間までキレイに塗装することができます。) 5、下塗作業 3回に分けて吹きつけ塗装を行いますが、まずは薄く下塗を行います。 (下地が透けて見えないか、密着は良いかの確認をするためです。) 6、中塗作業 2回目は少し厚めに吹きつけていきます。 (塗料が垂れてくる・・・限界まで吹きつけします。) 7、研磨作業 少し時間をおいて、乾いた所を耐水ペーパーで全体的にこすって、塗料の凸凹を削り、平らにしていきます。 (下地を平らにする事は、とても仕上がりに影響します。) 8、上塗作業 3回目は2回目より、少し薄めに吹きつけ塗装します。 (塗料の厚みが均等になるように行います。) (この作業が一番技術が求められるところです・・・。職人さんの腕の見せどころですね。)

2018/09/04|Categories: Home Doctor Mikami story|

北海道住宅新聞に掲載されました

平成30年7月26日に開催され、弊社も出展させていただいた「ものづくりテクノフェア2018」につきまして、2018年8月5日(日)発行の「北海道住宅新聞」に弊社の液体ガラスが掲載されました。

2018/08/25|Categories: お知らせ|

Home Doctor Mikami story 02

ワンルームアパートのお部屋の改修工事のお話をします。 今回の案件はアパートの2階の2部屋を改修しました。 2部屋とも床が膨らんでいるので、平らにしてほしいということと収納を使いやすい造りにしてほしいとのご依頼でした。 (昔、この2部屋の下の1階部分を、カフェに改装した際に、床が大変なことになってしまったようです。) 早速、床の改修からはじめました。 (カフェの営業時間の12:00~15:00までは、あまり大きな音を出さないで・・・というオーナー様からご要望があったため、作業内容と時間配分に少し苦労しました。) 1階をカフェにした時に、元々あった壁を撤去して、鉄骨で補強していました・・・が、2階の重さに耐えられず、鉄骨は下がってしまい、そのために床が変形してしまったようです。 そこで、まずは床をいったん剥がして、床下地の調整をし、その上に床合板を2枚張って、ほぼ平らに仕上げることができました。 (床は2センチ2ミリも下がっていました。) (「ギシギシ」となっていた床も、解消することができました。) 次に屋根裏の補強です。 壁を一部なくすことで、部屋が明るく、広くみえるようにすることと、ご要望のあった使いやすい収納スペースをつくるために行いました。 柱を2本撤去し、重量に耐えられる木材を天井裏に入れて、「梁」を補強しました。 (天井裏の「吹き込み式の断熱材」を一時撤去する際は、粉まみれで大変でした・・・クシュン!クシュン!) そして、新しい収納スペースをつくります。 写真のように、キッチンの裏側にあった収納スペースを解体して、壁も上半分をなくし、奥行き感をだしました。新しくつくったスペースには、クローゼットを設置し、収納棚は、高さを自由に調整できる可動式のものをつくりました。 (壁を一部なくすことで、こんなに部屋が明るく、広く感じるとは・・・大成功だと思います。) 次は、電気・設備工事です。 照明器具を、全てLEDのダウンライトに交換しました。 小さい照明器具で、数が多くなり、配線も複雑に・・・。でも、スイッチの位置を変えたり、コンセントの場所を変えたりと、生活しやすいように配置しました。 ガス給湯器は、設備業者さんが新品の給湯器を無償で交換してくれました。 (ありがとうございます!!!!!) (電気業者さんは、狭いところも上手に配線してくれて、設備業者さんは、ごちゃごちゃだった配管をスッキリ、きれいにやり直してくれて・・・・本当に「プロ」だなぁと思いました。) 最後は、クロス内装工事です。 床は、傷がつきにくい「長尺塩ビシート」壁は、「普及タイプ(※注1)のビニールクロス(白系色)」。 天井は、金額が少し高く「#1000(※注1)タイプのクロス」を選びました。 天井のクロスの色は、1部屋はオレンジ系色、もう1部屋は紺色系色にしました。 ※注1・・・普及タイプとは、一般的に住宅やアパートに使われているビニールクロスのこと(#500)。 ※注2・・・#1000タイプとは、店舗や高級感のある色・柄・不燃材・汚れ防止等があるもの。 収納スペース部分には、天井のクロスと同じ色の「ロールカーテン」を設置し、目隠しできるようにしました。 (今回のクロスとロールカーテンの色は、オーナー様の希望でオーダーしました。) (ベテランのクロス業者さんも、”とってもいいセンスの配色ですね”と大絶賛でした。) 今回の工事は、予定していた大工さんが、怪我をしてしまい、弊社役員の内装業者さんに、急遽無理にお願いをして、施工していただき、無事に終えることができました。 (本当に助かりました・・・私も、微力ながらお手伝いさせていただきました。) オーナー様からは、来年は屋根塗装、3年後には外壁の塗装も考えているとのことなので、また、その時に、お力になれればと思っています。 それでは、今回の物件でありますアパートのご紹介をさせていただきます。 (オーナー様から了解済です。) クリーンハイツ カイホーク 木造アパート2階建

2018/08/04|Categories: Home Doctor Mikami story|

ものづくりテクノフェア出展を終えて

平成30年7月26日に開催されました「ものづくりテクノフェア2018」。 はじめての出展でしたが、無事に終えることができました。 たくさんの方々に、弊社ブースにお立ち寄りいただき、皆様のおかげをもちまして、盛況のうちに執り行うことができました。 誠に有難うございました。また、このような機会があれば、ぜひとも参加させていただきたいと思っております。

2018/08/04|Categories: お知らせ|

Home Doctor Mikami story 01

K様邸の蔵の床の改修工事のお話をします。 今回の案件の蔵は外部にある独立した6.6平米の平屋の蔵です。 その中に置いてあった金庫の重みのせいで床が腐って落ちてしまったので、直してほしいというご依頼でした。 (久しぶりの大工仕事で、少しうれしい気分ですが・・・一人での作業はちょっと大変そうだな・・・とっても立派な金庫だけど、150㎏くらいありそうだが・・・大丈夫かな・・・) と、思いつつ、まずは床の改修にとりかかりました。 築30年以上の物件なので、雨水による腐食がとても激しかった。 なので、土台や柱・床の下地となっている、木材部分を交換し補修しました。 そして、土台を撤去してみたところ、なんと!基礎部分に鉄筋が入っていないことがわかりました。 (ありえません!! 基礎に鉄筋が入っていないなんて・・・) そのために、基礎部分が割れてしまっていたので、お客様に報告し、今のところ強度的にはあまり支障がないことを伝えて、 今回は、コーキングで補修して、ひび割れ部分から水が入らないようにすることとしました。 次に、床の下地の補強です。 床の下地がとても弱かったので、金庫の重みに耐えられるように、下地材を普通よりも2倍多く使って補強しました。 また、床に張っていた合板も痛みがひどかったので、合板も2枚張りにして補強し、床を平らにしました。 もともと床が少し傾いていたので、下地の修正も加えて行っています。 次に、漏水補修です。 色々なところの隙間から、雨水が入っていたため、その隙間をコーキングで埋めて、水の浸入を防ぐ作業を行いました。 (本当は、コーキングだけでは、あまり長持ちしないのだが・・・ とりあえず今回は、お客様と相談のうえ、補修程度で済ませることにしました。) これで、今回の工事は終了です。 今回の現場は、最初の現場調査での診断通りで、作業をすすめていきましたが、基礎部分に鉄筋が入っていなかったことは、予想外で本当に驚きました。 (鉄筋は入っていないし、コンクリートの材料が「丸い石”川砂利”」を使っていたために、密着強度も弱くなったせいで、割れてしまったのでしょう・・・) 色々と大変なこともありましたが、なんといってもお客様に喜んでいただけたので、とてもうれしく思います。 お客様からは、隣にある今回の蔵よりも”ひとまわり”大きな蔵の床の補強も頼まれました!! 次の蔵は、床だけでなく、出入り口の壁のモルタルがはがれていて、今にも落ちそうに・・・ 落下するととても危険なので、撤去し軽量な建材に張替える予定です (ちょっと、次はもっと大変そうな気がします・・・) それは、また次の話で・・・・・ 先日、K様邸の蔵の床の改修工事をさせていただきました。 (※久しぶりに大工仕事を一人でしたので体は筋肉痛でしたが、好きな作業なので気持ちはスッキリ!!) 今回の案件は、外部にある独立した6.6平米の平屋の蔵で、その中にとても重たい金庫を置いていたため、その金庫の重量で腐食した床が落ちてしまったので、なおしてほしいというご依頼でした。 蔵の床改修工事 築30年以上の物件なので、雨水による腐食がとても激しく、土台や柱・床の下地となっている、木材部分の交換と補修を行いました。土台を撤去してみたところ、基礎に鉄筋が入っていないため、基礎コンクリートが割れてしまっていました。お客様に確認して頂き、強度的にはあまり支障が無い事を伝えて、今回はコーキングで補修して、ヒビ割れ部分から水が入らないようにすることにしました。 床下地補強工事 床の下地がとても弱く補強を行い、金庫の重量に耐えられるように床下地材を2倍使い補強しました。(少しの面積の工事なので、在庫を使う事の了解を貰っていたので、材料はあまり購入しなくて済んでコストをおさえられています。)

2018/07/02|Categories: Home Doctor Mikami story|