キッチンのリフォーム

I様邸の築27年のキッチン改装工事をご紹介します。

お客様のご要望は・・・
対面キッチン収納スペースがたくさんほしい」
キッチンの高さが少し高いので低くしてほしい」
掃除が楽なほうがいい」
という内容でした。

改装後がこちらです!!

高さを5cm低くしました
・壁面は掃除がしやすいキッチン板を使用
・ダイニング側にも収納スペースを作りました

ゴムチップフロアーのリフォーム

E保育園の玄関滑り止め対策工事をご紹介します。

お客様のご要望は・・・
コンクリートの欠けを直してほしい」
「子どもがたくさん出入りするので滑りにくくしてほしい」

という内容でした。

改装後がこちらです!!

・コンクリートを補修して滑り止め加工のゴムチップフロアーを施工しました
・外壁の色とあわせました
・やわらかくて、雪がついてもはがれやすい材質です

玄関タイルのリフォーム

K様邸の玄関タイル張替え工事をご紹介します。

お客様のご要望は・・・
タイルのはがれと欠けをなおしてほしい」
滑らないようにしてほしい」
という内容でした。

改装後がこちらです!!

・高級感のあるヨーロッパ風のタイルを使用
・10㎝角のタイルからすべり止めつきの30㎝角のタイルにしました

RC塀のリフォーム

I様邸のRC造りの塀補修工事をご紹介します。

お客様のご要望は・・・
コンクリート塀の欠けとヒビ割れをなおしてほしい」
「汚れが目立っているので塗装してほしい」
という内容でした。

改装後がこちらです!!

コンクリートの欠けとヒビ割れの補修
・塗装は、”今とあまり変わらない感じの仕上がりで”というご要望でしたので、汚れの目立たない濃いめの色で、水をはじくはっ水塗装を行いました

浴室塗装のリフォーム

O様邸の20年前のホーロー浴槽塗装工事をご紹介します。

お客様のご要望は・・・
浴槽に穴が開きそう」
「サビ・汚れが気になるので、明るい色に塗装してほしい」
という内容でした。

改装後がこちらです!!

3箇所の穴の補修をしました
・サビと傷の補修をし、明るい白色に吹付け塗装しました
工期は2日間です

ここがポイント!

ホーロー浴槽の場合は、塗装するには難しい材質のため、サビや穴、汚れがひどいときには浴槽の交換をオススメしています。今回はお客さまのご要望により、あまり予算をかけられないということから、塗装で対応させていただきました。

ワンルームアパートのお部屋の改修工事

ワンルームアパートのお部屋の改修工事をご紹介します。

お客様のご要望は・・・
クロスの張替えをしてほしい」
収納を使いやすくしてほしい」
照明をLEDに変えてほしい」
という内容でした。

改装後がこちらです!!

・天井と壁のクロスを張替え、床は傷がつきにくい素材に張り替えました
収納スペースは、もともとあったものを解体して新しく作成しました
・天井のクロスの色とお揃いのロールカーテンを設置しました
・照明をLEDに変えて、部屋も明るい感じになりました

浴室のバリアフリー工事

U様邸の浴室バリアフリー工事をご紹介します。

お客様のご要望は・・・
「浴室の入り口に段差があり、浴槽も深いため出入りが大変なので手すりを付けてほしい
という内容でした。

改装後がこちらです!!

浴室3箇所に手すりを設置しました
・浴室用のエンドコーナーが丸く防水で抗菌仕様の手すりを使用しました

浴室壁補修・塗装工事

T様邸の浴室壁補修・塗装工事をご紹介します。

お客様のご要望は・・・
「浴室の壁のフクレをなおしてほしい」
「浴槽・壁・天井を塗装してほしい」
という内容でした。

診断したところ、浴室の壁のフクレは、結露で金属製のパネルの内側からサビが発生してフクレており、壁の変色は長年の使用が原因であるとことがわかりました。

改装後がこちらです!!

フクレた壁パネルで補修しました
材料:アイカ工業製ABS発泡基材の浴室専用バスフィットパネル
工程:フクレた部分を取り除き、パテで補修を行い浴室専用のパネルをテープと専用接着剤で貼りつけ、コーキングで水の浸入を防止

浴槽専用塗料で仕上ました
(弊社では、長年浴槽の塗装を多く手がけてきましたので、浴槽の状況と予算に合わせた塗料を選定して施工いたします)

壁・天井密着が良くなる工程で仕上ました
(材質・用途が違う為、浴槽とは違う塗料で施工しています)
工程:ヤスリがけ・シンナーで油抜き・専用プライマー・中塗・上塗りの工程で施工

ここがポイント!

浴室塗装の多くは約3日で施工が終わります。施工当日の浴室はご利用いただけませんが、施工終了の翌日はからはシャワーを利用することができ、2日後からはこれまで通りご利用いただくことができます。(※1週間ほどは浴槽に一晩お湯を入れたままにするのはご遠慮ください。)浴室がキレイだと気持ち良く入浴できるだけでなく、掃除の手間も減るのでオススメです。

基礎の補強

T様邸の基礎補強工事をご紹介します。

お客様からは・・・
「建築業者に改修工事を依頼した所、無断で基礎に大きな穴を開けられてしまいブロックを詰めて補修しているが建物の強度は大丈夫ですか?」と問い合わせが有りました」

診断したところ、基礎を補強している鉄筋が3本切断されており、このままですと構造的に強度を保つことはできないので鉄筋とコンクリートの補強が必要であることがわかりました。

補強内容がこちらです!!

鉄筋アンカーで補強を行いました
使用部材:D10mmの異型アンカー鉄筋

工程1:内部の基礎枠に50mmの発泡板を使い断熱兼用で型枠を取付け、基礎に振動ドリルで穴をあけ、アンカー筋を5本打ち込み、結束線で縛り内部を清掃し、内枠と鉄筋の補強を行いました。

工程2:外部に型枠を取付け、コンクリートの密着をよくする為、基礎と型枠に水をかけ、コンクリートを流し込み、その後5日程してから外部の型枠をはがし、基礎にモルタルで仕上げをしました。

注:通常の建築業者であれば、基礎を壊してブロックで穴を埋めるという仕事は絶対ありえません。まして通常より弱い基礎換気口のすぐ横の基礎を壊す事など。