Home Doctor Mikami story 04

K様邸のバリアフリー工事のお話をします。 今回の案件は、「安全に生活ができるように」と、住宅の改装を依頼されました。 各所に15~20cmの段差があり、奥様はひとりで安心して歩ける状態を希望されておりましたので、転倒防止のための手すりを、外玄関前、内玄関、ユニットバス入り口、浴室内、以上4ヶ所に設置することとしました。 (手すりを設置するためには、つかまった時に”ご自分の体重を支えられるか”を確認しなければならないので、奥様と握手をして握力を確認して判断しました。) 1、外玄関手すり 外玄関前には、外部用自立型の手すりを取り付けました。

2019/02/18|Categories: Home Doctor Mikami story|

Home Doctor Mikami story 03

Y様邸の浴室塗装工事のお話をします。 今回の案件は、浴槽と洗い場のカウンタースペースの塗り替えを行いました。 清掃時に、カビ取り用の洗剤を使用した際、水で洗い流すのを忘れてしまったことで、写真のように変色してしまい、塗り替えを希望されました。 (タカラ製の豪華なステンレス浴槽にも変色があり、一緒に塗り替えすることに・・・) ここからは、浴室塗装の工程に沿って、説明していきます。 1、古い塗装をはがす作業

2018/09/04|Categories: Home Doctor Mikami story|

Home Doctor Mikami story 02

ワンルームアパートのお部屋の改修工事のお話をします。 今回の案件はアパートの2階の2部屋を改修しました。 2部屋とも床が膨らんでいるので、平らにしてほしいということと収納を使いやすい造りにしてほしいとのご依頼でした。 (昔、この2部屋の下の1階部分を、カフェに改装した際に、床が大変なことになってしまったようです。) 早速、床の改修からはじめました。 (カフェの営業時間の12:00~15:00までは、あまり大きな音を出さないで・・・というオーナー様からご要望があったため、作業内容と時間配分に少し苦労しました。) 1階をカフェにした時に、元々あった壁を撤去して、鉄骨で補強していました・・・が、2階の重さに耐えられず、鉄骨は下がってしまい、そのために床が変形してしまったようです。

2018/08/04|Categories: Home Doctor Mikami story|

Home Doctor Mikami story 01

K様邸の蔵の床の改修工事のお話をします。 今回の案件の蔵は外部にある独立した6.6平米の平屋の蔵です。 その中に置いてあった金庫の重みのせいで床が腐って落ちてしまったので、直してほしいというご依頼でした。 (久しぶりの大工仕事で、少しうれしい気分ですが・・・一人での作業はちょっと大変そうだな・・・とっても立派な金庫だけど、150㎏くらいありそうだが・・・大丈夫かな・・・) と、思いつつ、まずは床の改修にとりかかりました。 築30年以上の物件なので、雨水による腐食がとても激しかった。 なので、土台や柱・床の下地となっている、木材部分を交換し補修しました。 そして、土台を撤去してみたところ、なんと!基礎部分に鉄筋が入っていないことがわかりました。

2018/07/02|Categories: Home Doctor Mikami story|